メインイメージ

会社設立の相談

会社設立の相談はどこでする?

会社設立の相談をする場合には誰にすればいいのか、これは依頼場所は1つではありません。なぜなら会社設立の話を聞いてくれるところはたくさんあるからです。例えば弁護士も依頼を受けることもありますし、弁理士、司法書士、そして税理士事務所などでも依頼を受け付けていることもあります。

経営コンサルタント的な人がいて、その人に依頼をすることもあるでしょうから、相談先は1箇所ではないのです。

またインターネットを使って相談をすることができるのも今の特徴です。例えば会社設立に関しての様々な悩みは疑問に対して資格を持った士業をしている人が、インターネット上で回答してくれますのでとても便利です。このサイトに登録されている士業者は千人以上とされているのでかなりの人数に一度にできるメリットがあります。

例えばどのような内容で受けることになるのかといえば、会社員で個人事業主になろうと思って会社設立をしようと思った場合に、どこの税務署に申請すればいいのか、会社員時代の申告をする必要があるのかなどを相談することもできますし、主婦が会社設立をしている場合に、夫の扶養範囲の中で運営することはできるのか、そういった質問もできるのです。

また日本で外国人でも代表取締役になれるのかという問題や、親を社長にして会社を設立したいと思っている場合に、それはどのような手続きを踏んで行う必要があるのかなどを質問をすることができます。初めて会社設立をするという人の方がきっと多いはずですので、そうした悩みを解決するためには適切なところに相談をするのが一番です。きちんと適切な相手に依頼をすれば一人で分からずに悩んでいたことも悩まなくてもすみます。

インターネットからの質問ができるのは便利ですが、もっとこれから経営にも携わってもらった上で受け続けたいというのであれば、どこかこの先も信頼して特定の相手に依頼できるように探してみるといいでしょう。税理士、弁護士など相手はたくさんいますので、誰にこの先何かあった場合に依頼をするのがいいのか、それは自分でよく考えた上で検討してみるといいでしょう。わからないことがあった場合にすぐに依頼できる体制を整えている会社と、体制が整っていない会社では、経営を成功させることができるのか、できないのかという点も違いが出てくるかもしれませんので、しっかりと依頼できる場所を確保してく必要があります。信頼できるところの確保が必要です。